診療ガイドライン

一般臨床医のための検尿の考え方・進め方 - 目次

HOME >> 学術情報 >> 小冊子 >> 一般臨床医のための検尿の考え方・進め方



巻頭言1(社)日本腎臓学会 理事長 浅野 泰
巻頭言2(社)日本腎臓学会 広報委員会 委員長 石川 勲
腎疾患の早期発見と治療に向けて
  (社)日本腎臓学会 渉外・企画委員会 委員長 菱田 明
緒言(社)日本腎臓学会 「検尿の勧め」啓発委員会 委員長 飯野 靖彦
第1章 検尿の現状 1.検尿の重要性
第1章 検尿の現状 2.検尿の疫学データ
第1章 検尿の現状 3.まとめ
第2章 検尿の原則 1.検尿の意義
第2章 検尿の原則 2.検尿の方法
第2章 検尿の原則 3.使用する尿
第2章 検尿の原則 4.検尿実施時の注意点
第2章 検尿の原則 5.まとめ
第3章 検尿の位置づけ 1.健康診断における検尿
第3章 検尿の位置づけ 2.医療行為としての検尿
第3章 検尿の位置づけ 3.検尿異常への対処の基本的考え方、ポイント
第3章 検尿の位置づけ 4.健康診断時の検尿に対する対処
第3章 検尿の位置づけ 5.慢性疾患における検尿の勧め
第3章 検尿の位置づけ 6.まとめ
第4章 臨床に役立つフローチャート 1.蛋白尿および血尿(1)
第4章 臨床に役立つフローチャート 2.蛋白尿および血尿(2)
第4章 臨床に役立つフローチャート 3.尿糖
第4章 臨床に役立つフローチャート 4.まとめ
参考文献
おわりに

一般臨床医(プライマリケア)のための検尿の考え方・進め方  2003年10月発行
発行:社団法人 日本腎臓学会、「検尿の勧め」啓発委員会
監修:飯野靖彦
※無断転載を禁ず


▲ページ上部へ