JSN/ERA-EDTA Joint Sympo

JSN/ERA-EDTA Joint Sympo

日本腎臓学会国際委員会およびグローバル連携強化委員会が中心となり準備を進めて参りましたJSN/ERA-EDTA Joint Symposiumですが、2015年5月30日17:00-18:30ロンドン、2015年6月6日名古屋にて開催されました(下記ご参照ください)。
ご登壇頂きました松尾先生、伊藤先生、南学先生をはじめ、関係の先生方、スタッフの方々に感謝申し上げます。
両会場とも多くの先生にご参加頂き、トラブルもなく成功裏に終了しました。
両方向のJoint Symposium企画はおそらく今回が初めてではなかったでしょうか。
今後も両学会の交流がさらに深まることを祈念致します。
● l ERA-RDTA&JSN Joint Symposium 2015年5月30日17:00-18:30、ロンドン
Chair: 伊藤貞嘉先生、Dr. Andrzej Wiecek
松尾清一先生: Past, present, future: continuous challenge against kidney disease
南学正臣先生: Development of novel drugs targeting CKD: hypoxia, oxidative stress, and epigenetics
Dr. Kai-Uwe Eckardt: Treatment practice in patients with CKD: results from the GCKD study
Dr. Alberto Ortiz: CKJ-translational research

● l JSN/ERA-EDTA Joint Symposium 2015年6月6日9:45-11:15、名古屋
Chair 柳田素子先生、Dr. Ziad A Massy
松尾清一先生: JSNユs Challenge against Kidney Disease and Collaboration between JSN and ERA-EDTA
南学正臣先生: Hypoxia as a new therapeutic target in CKD
Dr. Andrzej Wiecek: Adipose tissue cytokines and cardiovascular complications in CKD patients. Where are we now?
Dr. Peter Stenvinkel: Renal Biomimicry-could it provide hope to patients with kidney disease?

▲ページ上部へ