会員向け

臨床研究 尿バンクと尿バイオマーカー研究

HOME >> 臨床研究 >> 尿バンクと尿バイオマーカー研究

尿バンクと尿バイオマーカー研究


尿バンクと尿バイオマーカー研究への参加のお願い


 日本腎臓学会では尿バイオマーカーの探索や検証の研究を促進し、有用なバイオマーカーを組み合わせ(パネル化)ることで腎臓病患者の発見や診断、管理を可能にするシステムの構築を目指す「尿中バイオマーカーパネル化に関する小委員会」を設置しました。

 尿バイオマーカーの探索や検証の研究には多数の尿サンプルが必要となりますので、小委員会は全国の多施設で規格化された尿サンプルを採取し、研究に利用するための「日本尿バンク」をスタートさせました。収集された尿サンプルは学会主導の臨床研究や会員の個別バイオマーカーの研究に提供され、「尿中バイオマーカーパネル化に関する小委員会」と共同して、その検証研究が行われます。

 この取り組みへの会員のご理解をいただき、尿サンプルの収集と尿バイオマーカーの探索や検証の研究へのご参加をお願いいたします。詳細は「日本尿バンク」のホームページをご覧ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

「日本尿バンク」ホームページはこちら⇒ http://www.urinebank.org/

尿中バイオマーカーパネル化に関する小委員会
委員長 山本 格


▲ページ上部へ