腎臓専門医

腎臓専門医

HOME >> 腎臓専門医 >> H30年度腎臓専門医試験・各資格審査について(日腎会誌Vol.59-5)

H30年度腎臓専門医試験・各資格審査について(日腎会誌Vol.59-5)

●腎臓専門医資格審査について
●腎臓専門医暫定資格審査について
●腎臓専門医更新について
●新規指導医資格審査申請について
●更新指導医資格審査申請について
●新規研修施設申請について
●研修施設更新について
●書類請求先・提出先

平成29年7月
一般社団法人 日本腎臓学会 理事長 柏原 直樹
教育・専門医制度委員会 委員長 深川 雅史

●腎臓専門医資格審査について

一般社団法人日本腎臓学会は、専門医制度規定による平成30年度の資格認定審査を下記の通り実施します。

受験資格 下記4学会のうち、いずれかの認定医・専門医であって1〜4の条件を満たす方が受験できる。
1. 平成25年度(2014年3月31日)までに入会し継続して会員の方
2. 以下のいずれかの資格を有する方(認定証などの証明書類が必要)

内科学会認定内科医    平成27年度までに取得
小児科学会専門医     平成29年度までに取得
外科学会専門医      平成29年度までに取得
泌尿器科学会専門医    平成29年度までに取得
3. 日本腎臓学会が指定する研修施設において研修を3年以上行った(※)こと(所定の用紙あり)
※H16年以後医師国家試験合格者については義務化の初期研修2年は含まない。
また、平成29年度末(2018年3月31日)に研修施設での研修歴が3年となる場合は同日までの在籍証明を添付すること。
4. 所定の経験症例の記録及び要約(20症例)の提出可能な方(所定の用紙あり)
試験会場 東京・汐留(会場の詳細は申請書類に記載いたします)
試験日時 平成30年2月3日(土)午後2:00から
試験形式 筆記試験 100問(2時間30分の予定):共通問題80問、内科、小児科、および泌尿器科・外科用選択問題20問
合否判定 経験症例の記録及び要約の評価および筆記試験の得点の総合評価
申請書類
請求期間
平成29年8月10日(木)〜10月10日(火)PM5時までにE-mailにて送付先を明記の上後記申込先に請求して下さい。
申請書類請求は締め切りました
書類提出
期限
平成29年11月10日(金)必着(簡易書留にて/当日消印有効ではありません)

▲ページ上部へ

●腎臓専門医暫定資格審査について

一般社団法人日本腎臓学会は、次の要件を満たす会員に専門医の受験資格を3年間(平成28年度〜平成30年度)に限り付与します。(試験会場、試験日時、試験形式、合否判定は、通常試験と全て同一です)
※書類請求の際に「暫定資格試験申請書類希望」とお書き添え下さい。

受験資格 本会が指定する腎臓学会認定研修施設での研修期間が3年未満の会員で
1. 平成25年度(2014年3月31日)までに入会し継続して会員の方
2. 以下のいずれかの資格を有する方(認定証等の証明書類が必要)

内科学会認定内科医   平成27年度までに取得
小児科専門医      平成29年度までに取得
外科学会専門医     平成29年度までに取得
泌尿器科学会専門医   平成29年度までに取得
3. 以下の研修歴(※)を有する方(在職証明書が必要)
※H16年以後医師国家試験合格者については義務化の初期研修2年は含まない。
また、平成29年度末(2018年3月31日)に研修施設あるいは非研修施設での研修歴が3年となる場合は同日までの在籍証明も添付すること。

a. 1年間に100症例分の腎・尿路関係の退院患者リスト又はそれを証明する書類(4a.に詳述)が提出可能な非研修認定施設に3年以上在籍したこと。
b. 腎臓学会認定の研修施設及びa.の要件を満たす非研修認定施設に合計して3年以上在籍していること。
4. 以下のa.、b.の症例記録を提出可能な方

a. 3 a. に記載した各非研修認定施設における1年間100症例分の腎・尿路関係の退院患者リスト(所定の用紙あり。施設長の署名・捺印が必要)またはそれを証明する書類(個人情報を抹消したレセプトなど)。複数の施設に在籍した場合は、日本腎臓学会が指定する研修施設を除く各施設ごとのリストまたは証明する書類の提出が必要。
b. 所定の経験症例の記録及び要約(20症例)の提出可能な方(所定の用紙あり)。
申請書類
請求期間
平成29年8月10日(木)〜10月10日(火)PM5時までにE-mailにて送付先と「暫定資格試験申請書類希望」とお書き添えの上、後記申込先に請求して下さい。
申請書類請求は締め切りました
書類提出
期限
平成29年11月10日(金)必着(簡易書留にて/当日消印有効ではありません)

▲ページ上部へ

●腎臓専門医更新について

対象者 1. 平成25(2013)年4月1日付で腎臓専門医取得の方
2. 留学期間更新延長申請中で所定単位を満たした方
申請方法 更新対象者には、学会事務局から自動的に書類を12月上旬にお送りします。
書類提出
期限
平成30年1月15日(月)必着

 

●新規指導医資格審査申請について

資格 1. 腎臓専門医の資格取得後5年以上経過(平成25(2013)年取得も含む)している方
2. 平成20年度までに入会し、継続して会員の方
3. 腎・尿路系に関する研究業績が過去5年間で3編以上ある方
申請書類
請求期間
平成29年8月10日(木)〜平成29年12月18日(月)までにE-mailにて 送付先を明記の上、後記申込先に請求して下さい
申請書類請求は締め切りました
書類提出
期限
平成30年1月15日(月)必着

 

●更新指導医資格審査申請について

対象者 平成25(2013)年4月1日付で指導医取得の方
申請方法 更新対象者には、学会事務局から自動的に書類を12月上旬にお送りします。
書類提出
期限
平成30年1月15日(月)必着

 

●新規研修施設申請について

申請書類
請求期間
平成29年8月10日(木)〜平成29年12月18日(月)までにE-mailにて、送付先を明記の上、後記申込先に請求して下さい。
申請書類請求は締め切りました
書類提出
期限
平成30年1月15日(月)必着

 

●研修施設更新について

対象施設 平成25(2013)年4月1日付で認定を受けた施設
申請方法 更新対象施設には、学会事務局から自動的に教育責任者宛へ書類を12月上旬にお送りします。
書類提出
期限
平成30年1月15日(月)必着

 

【書類請求先】

書類送付先と氏名、下記いずれかをご記入の上、余裕を持ってお早目に
申込みして下さい。

件名がないメールはサーバーから削除される事が多いため必ず件名はお書き下さい。
 1. 腎臓専門医試験申請書希望 申請書類請求は締め切りました(10/10 PM5:00まで)
 2. 暫定資格試験申請書類希望 申請書類請求は締め切りました(10/10 PM5:00まで)
 3. 新規指導医申請書類希望 申請書類請求は締め切りました(12/18 まで)
 4. 新規研修施設申請書類希望 申請書類請求は締め切りました(12/18 まで)

〜注意事項〜

(※1)上記1〜3の申請申込みはご本人に限ります。
  また各申請条件を満たす方、各1通のみの送付となります。

(※2)申請書申込メールに対する返信はメールの到着後3営業日(*)以内に
  郵送日と連絡事項をお知らせしています。(*)土日祝は含みません
  ■3営業日以内にメールの返信がない場合
  ■返信メールに記載された郵送日から1週間経っても書類がお手元に届かない場合
  ⇒必ず電話(03-5842-4131)にてご連絡下さい。
   連絡なき場合は届いたものと判断いたします。

(※3)理由の如何に拘わらず締切期日過ぎての申込は一切受付いたしませんので
   ご注意下さい。
   (例:申請の申込みをしたがエラーメールで戻ってきていたのに
気が付かなかったので受付けてほしい等)。
【書類提出先】

  申請書同封の返信用封筒にて各期日までにご提出下さい。

▲ページ上部へ