新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

HOME >> お知らせ >> 新型コロナウイルス感染症について >> 新型コロナウイルス感染症と腎臓病ー患者さんとご家族にお伝えしたいこと

新型コロナウイルス感染症と腎臓病ー患者さんとご家族にお伝えしたいこと

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) は世界的に拡大しパンデミックの状況を呈しています。日本では収束傾向にありますが、第2波、第3波の到来も危惧され、予断を許しません。
 高齢者、慢性閉塞性肺疾患、心血管疾患、高血圧の基礎疾患を有する患者さんは重症化しやすいことが明かになっています。当初より腎臓病、透析患者は、ご高齢の方が多く、これら合併症の有病率が高いことから、重症化高リスク群ではないかと想定されてきました。
腎臓学会では理事長直轄委員会として、新型コロナウイルス(COVID-19)対策小委員会(委員長:南学正臣副理事長)」を設置し対応を急いできました。「腎臓病診療における新型コロナウイルス感染症対応ガイド」も発出しました。またホームページにはCOVID-19関連情報を発信する特設サイトも設置しています(https://www.jsn.or.jp/covid19/)。
 腎臓病患者さん、透析患者さんとご家族は不安な日々をお過ごしではないかと存じます。どのようにすれば予防し、重症化を抑えることができるのか。また元々の腎臓病が悪化することもぜひ避けたく思います。具体的な方法を専門の先生方に解説いただきました。
 腎臓病の克服が私どもの共通した願いです。

日本腎臓学会
理事長 柏原直樹 

「新型コロナウイルス感染症と腎臓病ー患者さんとご家族にお伝えしたいこと」リーフレット版(PDF:143KB)

→全動画の再生リストはこちらから

<動画一覧>

1.腎臓病患者さんへのメッセージ
「腎臓病と新型コロナウイルス感染症 腎臓病患者さんとご家族にお伝えしたいこと」 
柏原 直樹(日本腎臓学会 理事長/川崎医科大学腎臓・高血圧内科学)

2.COVID-19 概要
「新型コロナウイルス感染症 COVID-19とは」
南学 正臣(日本腎臓学会 副理事長/新型コロナウイルス(COVID-19)対策小委員会委員長 東京大学大学院医学系研究科 腎臓・内分泌内科)
内田 啓子(日本腎臓学会 副理事長/東京女子医科大学 腎臓内科)

3.腎炎・ネフローゼ患者さんへ   
「慢性腎炎・ネフローゼ症候群の患者さんへ 日本腎臓学会からのメッセージ」
福井 亮(東京慈恵会医科大学内科学講座 腎臓・高血圧内科)

4.CKD患者さんへ
「慢性腎臓病(CKD)患者と新型コロナウイルス感染」
岡田 浩一(埼玉医科大学 腎臓内科)

5.降圧薬の服用について
「高血圧の薬を飲んでいると、新型コロナウイルスにかかりやすくなりますか?」
菅原 真衣(東京大学医学部 腎臓・内分泌内科)
【監修】田村 功一(横浜市立大学医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学)

6.透析患者さんへ
「安全、安心、 そして元気に 透析生活を 続けてほしい」
宮崎 真理子(東北大学 腎臓高血圧内分泌科)
「透析患者さんへのメッセージ Q&A」
猪阪 善隆(大阪大学大学院 腎臓内科学)

7.腎移植患者さんへ
西 慎一(神戸大学医学部附属病院腎臓内科)

8.腎臓病のお子さんをお持ちのご家族へ
服部 元史(東京女子医科大学 腎臓小児科)


▲ページ上部へ