ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> 「IgG4関連腎臓病診療指針」(英文案)について(会員専用)

「IgG4関連腎臓病診療指針」(英文案)について(会員専用)


日本腎臓学会会員各位

病理診断標準化委員会内に設置されましたIgG4関連腎臓病ワーキンググループ(代表 斉藤喬雄福岡大学教授)では、IgG4関連腎臓病の概念を確立するために、「IgG4関連腎臓病診療指針」の作成を行っておりますが、国際的な研究の高まりを考慮し、その英文案である「Proposal for diagnostic criteria for IgG4-related kidney disease」が作成されました。この「IgG4関連腎症診療指針」(英文案)を腎臓学会から出版するガイドラインの一環として、Clinical and Experimental Nephrologyに掲載することを、学術委員会にて検討中であります。つきましては腎臓学会会員各位には、本診療指針に対する建設的なコメントをお待ちしております。

ご多用中大変恐縮ですが、2011年6月30日までにご意見を日本腎臓学会事務局(福田喜美子宛) fukuda@jsn.or.jp までお寄せいただきたくお願い申し上げます。

「IgG4関連腎臓病診療指針」(英文案)はこちら [PDF 255MB]
 ※次ページでユーザー名、パスワードを入力の上、ご覧ください。

学術委員長 堀江 重郎

▲ページ上部へ