ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> 第14回アジア太平洋腎臓学会議(APCN2014)について

第14回アジア太平洋腎臓学会議(APCN2014)について

第14回アジア太平洋腎臓学会議(APCN2014)は
アジアを中心に1500名以上の参加を得て成功裏に終了しました!
日本腎臓学会、日本透析医学会、日本小児腎臓病学会の会員はじめ関係者の皆様に
心から御礼申し上げます。

 
 5月14日より17日までの4日間、品川プリンスホテルアネックスタワーにおいてAPCN2014(The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology)を日本腎臓学会とAPSN(Asian Pacific Society of Nephrology)で共同開催し、盛会のうちに無事終了することができました。日本腎臓学会員の皆様には、格別のご高配とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。また、ご協力いただきました日本透析医学会、日本小児腎臓病学会はじめ関係者の皆様にも心から謝意を表します。
お陰様でアジアを中心に1,500名を超えるご参加をいただき、大変素晴らしいご講演と活発なご討論がなされました。重要疾患に関連した10のシンポジウムに加え、AFCKDI(Asian Forum CKD Initiative)やKDIGO との共同シンポジウムなども行われました。2013年の第56回日本腎臓学会総会とAPCN2014の共同企画であるYIAAN(Young Investigator Award of Asian Nephrologists)では、国内外10名の若手腎臓科医による研究発表が行われ、国内外の20名を超えるscientific committeeメンバーによる厳正なる審査の結果、トップ3に日本から慶應義塾大学 長谷川一宏先生、東京医科歯科大学 蘇原映誠先生の2名が選ばれました。さらに東京医科歯科大学 佐々木成先生が、APSN Awardの一つであるKincaid Smith Awardを受賞されました。

 詳細につきましては、改めて日本腎臓学会ホームページなどでご報告させて頂きます。今後とも伝統ある本学会の発展に尽力する所存でございますので、一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


APCN2014 大会長 富野 康日己
順天堂大学大学院医学研究科腎臓内科学 教授

APCN2014 事務局長 鈴木 祐介
順天堂大学医学部腎臓内科学講座 准教授

一般社団法人日本腎臓学会 事務局長
中川 利文

▲ページ上部へ