ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> Asian Pacific Society of Nephrology (APSN)
海外CMEへの参加者募集案内

Asian Pacific Society of Nephrology (APSN)
海外CMEへの参加者募集案内

会員の皆様におかれましては、いつも国際関連の活動にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
日本腎臓学会は、毎年総会前日にAPSNのCMEを共同で開催しております。これは、APSNのミッションとして、アジア太平洋地域の発展途上国より若手腎臓医を招聘し、腎臓関連の教育活動の支援を行なっているものです。発展途上国と先進国の交流を深めるため、本CMEに先進国からも若手を招聘しております。
同様のCMEは日本腎臓学会のみならず他国の腎臓学会やAsian Pacific Congress of Nephrology(APCN)でも開始されておりますが、今年は日本から香港および中国杭州で開催される APSN CMEに1名ずつ派遣できることとなりました(KSNに関しては中国、香港以外のアジアの国の1枠になります)。この派遣により、発展途上国の若手と交流を深めていただき、参加によってCMEレクチャーを受けていただくことで、ご自身の知識を高めていただければ幸いです。日本から訪問する場合の費用は先方のサポートですが、これら海外のCMEに参加する若手日本人1名に対し、それぞれUSD1,000がサポートしていただけるとのアナウンスがございました(詳細はPDFファイルに記載されております)。
そこで、以下の要項にて参加者を募集し、選考を行うことといたします。

1.募集人数(PDFファイルに記載)
各1人ずつ
1) 韓国 ソウル市 2019年5月23日~26日
2) 中国 杭州市(Hangzhou) 2019年9月19日~21日
3) 香港 2019年9月28日 http://www.hksn.org/index.html

2.助成金額1人あたり USD1,000 (飛行機代および宿泊費に充てる、先方により最終決定。これを超える額は自費)

3.応募資格
①応募時に日本腎臓学会員であること
②あるいは、応募時にAPSNの会員であること
③応募時の年齢が40歳以下であること

4.応募・選考方法
氏名、所属、履歴書、業績目録(書式自由)をメール添付にて、日本腎臓学会事務局 丸山(maruyama@jsn.or.jp)あてにご提出ください。選考はグローバル連携強化委員会メンバーにより行います。

5.応募書類提出期間
2019年3月4日 ~ 2019年4月4日(必着)

6.採択者通知方法
採択、不採択はメールにて本人へお知らせします。

7.問い合わせ先
メールで日本腎臓学会事務局丸山(maruyama@jsn.or.jp)までご連絡下さい。

8.その他
ご帰国後にA4 1枚程度の報告書(日本語)のご提出をお願いいたします。
【参考:APSN海外CME参加報告について】
https://www.jsn.or.jp/internationalactivityreport/apsn-cme-foreign/_3365.php
尚、ビザや保険などの手続きは自己においてお願い申し上げます。

詳細はPDFファイルをご参照ください。

一般社団法人日本腎臓学会
理事長 柏原 直樹


▲ページ上部へ