一般の方へ

一般の方へ

HOME >> 一般の方へ >> 4.急性腎障害と慢性腎臓病

4.急性腎障害と慢性腎臓病

  • 1.急性腎障害とは

急性腎障害とは、数時間~数日の間に急激に腎機能が低下する状態です。尿から老廃物を排泄できなくなり、さらに体内の水分量や塩分量など(体液)を調節することができなくなります。以前は急性腎不全と呼ばれていましたが、早期発見と国際的に共通にするとの観点から急性腎障害と呼ばれるようになりました。症状としては、尿量減少(尿量が減少しない場合もあります)、むくみ(浮腫)、食欲低下、全身倦怠感などが認められます。血液検査では、血中尿素窒素(BUN)、血清クレアチニン(Cr)、カリウム(K)の高値を認めます。原因としては脱水や出血により腎臓への血流が低下すること(腎前性)、腎臓の炎症や尿細管細胞の障害などにより腎機能が低下すること(腎性)、尿路系の閉塞によるものがあります(腎後性)。対策としては、早急に原因を突き止め、その治療を行うとともに、透析治療などで体のバランスを整える必要があります。救急医療を必要とする重篤な場合もあります。腎機能の回復は、原疾患や合併症の状況によって異なり、慢性腎臓病や末期腎不全に移行する場合も多くありますので注意が必要です。

  • 2.慢性腎臓病とは

慢性腎臓病とは、「腎臓の障害」もしくは「腎機能低下」が3か月以上持続している状態の総称です。「腎臓の障害」とは「蛋白尿」や「腎形態異常」を指し、「腎機能低下」とは「糸球体濾過量 60ml/min/1.73㎡未満」を指します。
日本の慢性腎臓病罹患率は成人全体で8人に1人ですが、80歳台では2人に1人と高齢になるに従って高くなります。慢性腎臓病では蛋白尿が多い程、あるいは糸球体濾過量が低い程、透析を要する「末期腎不全」や死亡や生活の質の低下に関連する「心血管イベント」の「リスク」が上昇することが知られています。慢性腎臓病は、糖尿病、高血圧、喫煙、高尿酸血症など生活習慣と関連しており、その発症進展予防には食事管理、適度な運動、禁煙といった生活習慣の是正が大切です。さらに、早期発見し早期治療すれば寛解する場合があります。特に初期の糖尿病性腎症にみられる微量アルブミン尿は、レニンアンジオテンシン系阻害薬を用いた降圧コントロールや厳格な血糖コントロールによって消失することがあります。

  • 3.生活習慣病と腎臓病との関係

高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などの生活習慣病は、心臓病・脳血管障害(脳卒中)・足壊疽などの全身の血管に関連する病気(血管病)に深く関与しています。一方、腎臓には非常に繊細な血管から作られている糸球体のほか、大小様々な血管が尿細管を取り巻くように規則正しく分布していますので、生活習慣病による血管障害は腎臓にも悪影響を及ぼし、近年透析療法を必要とする末期腎不全の原因として増加しています。更に腎臓病が進行すると血管病を増悪させるなどの悪循環に陥ることもよく知られています。生活習慣病による腎臓病は、原因となる高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などを是正することにより、その進行を抑える事ができます。食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足・ストレス・喫煙などの生活習慣の改善および生活習慣病の適切な治療は血管病だけでなく腎臓病進行抑制にも非常に重要です。

  • 4.高血圧と腎障害

腎臓と血圧は密接な関係があり,腎臓の機能のひとつが血圧の調節です.正常機能の腎臓は,体内に摂取された食塩と水分の排出量の調節を行い,血圧に作用するホルモン系の調節も行うことにより,血圧を正常範囲内に維持する機能があります.しかし,腎障害があると,これら調節機能が障害されるため高血圧になりやすくなります.また,高血圧自体が腎臓に負担をかけて腎障害を促進しますので,腎臓と血圧との間で悪循環が形成され腎障害をさらに悪化させます.また,正常が腎機能の方でも高血圧を適切に治療しなければ慢性腎臓病となり自覚症状に乏しいまま腎障害が進行する危険性があります.さらに,診察室血圧は正常にもかかわらず家庭血圧が高いタイプの高血圧である「仮面高血圧」は、腎障害の方に多いとされ注意が必要です.仮面高血圧でも腎障害が進みやすく心筋梗塞や脳卒中などの心血管病が起こる危険性も高まります.そのため特に朝の家庭血圧をきちんと測ることが大切です.

  • 5.糖尿病と腎障害

透析療法が必要になる方の40%以上は、糖尿病が原因で腎臓が悪くなっています。わが国では、男性の約16%・女性の約10%が糖尿病とされているように、糖尿病は非常に頻度の高い病気です。糖尿病は、慢性腎臓病だけではなく脳卒中や心臓病の原因にもなります。慢性腎臓病自体も脳卒中や心臓病の原因になるため、糖尿病によって腎臓が悪くなると、全身に影響が及び、透析のリスクが増加するだけでなく、死亡のリスクも増加します。しかし、早期に発見して治療を行えば、病気の進行を遅らせることができるだけでなく、病気が治まる(寛解といいます)ことが知られています。糖尿病も慢性腎臓病も検査を受けないと、状態を把握することができません。特に糖尿病の危険因子(血縁者に糖尿病の方がいる・肥満・運動不足・喫煙習慣・過量の飲酒・高血圧など)がある方は、糖尿病予防のため生活習慣を改めるとともに、必ず健康診断を受け早期発見に努め、異常があればすぐにかかりつけ医に相談してください。

  • 6.高尿酸血症と腎障害

健康診断などで指摘されることが多い高尿酸血症は、痛風や腎結石症の原因ですが、脳や心臓の血管障害、動脈硬化、腎障害を引き起こす生活習慣病の一つと考えられています。血清尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症とされますが、現在、高尿酸血症は成人男性の20~30パーセント、女性にも数パーセントで認められています。高尿酸血症の患者さんは1000万人を超えるとされますが、痛風患者さんは90万人程度と大きなへだたりがあり、症状のない無症候性高尿酸血症の方が多いのが特徴です。食事の欧米化、美食ブーム、飲酒量の増加、動物性たんぱく質の過剰摂取などが患者数増加に大きく関与しています。尿酸は摂取食物中のプリン体より作られ、腎臓より尿中に排せつされるので、ビールなどアルコールの摂取を減らしたり、プリン体を多く含む肉類などを控えたりする食習慣を身に付けることが重要です。
腎臓病、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群との合併も多いので、症状(痛風発作が代表例です)がないからと安心せず、まずはかかりつけ医にご相談されることをお勧めします。

>>5.糸球体腎炎
▲腎臓の病気について調べる TOPへ戻る

▲ページ上部へ