一般の方へ

一般の方へ

HOME >> 一般の方へ >> 3.腎臓がわるくなったときの症状

3.腎臓がわるくなったときの症状

  • 1.浮腫(むくみ)

浮腫(むくみ)とは、体から水分が十分に排泄されないため、体内に余分にたまっている状態で、通常は2~3kg以上の体重増加を伴います。尿から多量の蛋白が漏れるために血中のアルブミンが低下するネフローゼ症候群や、腎臓の働きが低下する慢性腎不全のときにむくみの症状が現れることが多いです。
腎臓が原因となる浮腫は通常、左右対称であり、むくんでいる部分を指で10秒以上強く押えると、へこみが残ります。最初は足首のくるぶし付近にみられます。体重が5kg以上増えると、全身にむくみがひろがり、肺の中に水がたまることがあるため、緊急の対応が必要となります。
ただし、腎臓の病気以外の原因、例えば心臓や甲状腺の働きが低下、足の静脈瘤、リンパの流れが悪いときにもむくみはみられます。そのため、原因をきちんとつきとめ、適切な対応をすることが大切です。

  • 2.尿量

腎臓は血液中の老廃物をろ過し、尿として体の外に排出する役割を担っています。健常成人の尿量はおおよそ1.0 L~1.5 L/日 です。しかし、何らかの原因で尿量が減少し、1日の尿量が400mL以下になることを乏尿、100mL以下になることを無尿といいます。逆に尿量が増加し、2500mL以上となることを多尿といいます。脱水や心不全により腎血流が低下したり、腫瘍や結石のために尿管や膀胱が閉塞したりすると、尿量は低下します。腎臓の機能が低下すると、尿の濃縮力が低下して多尿となり、夜間頻尿になることが多いですが、さらに腎機能低下が進行すると、尿量が低下します。その他、主な多尿の原因としては、糖尿病、尿崩症、心因性多尿、ミネラルの異常(高カルシウム血症、低カリウム血症)などが挙げられます。尿量の異常が続く場合は、何らかの腎臓の病気が隠れている可能性もありますので、早めにかかりつけ医への受診をお奨めします。

  • 3.夜間尿

一般に「腎臓が悪くなると尿が減る」「尿は透明がよい」と思いがちです。腎臓は血中の物質を尿へ排泄し必要な水分を血中に戻しています(=尿濃縮能)。高齢の方では、腎機能の障害がなくても、尿の濃縮機能が低下することが良く見られます。腎機能が低下すると、尿の濃縮能がまず障害されることが多く、尿量はむしろ増え、尿が透明となることもあります。通常、夜間は尿を濃縮することにより、トイレに行く回数が減りますが、尿の濃縮機能が低下すると、夜間にトイレに行く回数が増えます。
身体のなかのナトリウム量を調節するのが腎臓の重要な任務です。腎臓の機能が低下すると、摂取したナトリウムを日中に排泄しきれず、体内にナトリウムが貯留するために夜間の血圧を高くして、夜間にナトリウムを排泄しようとします。これも夜間多尿の原因となります。そのほか、膀胱容量減少・前立腺肥大・膀胱炎などの排尿障害、眠りが浅く日中同様に尿意を感じての排尿(睡眠障害)、抗利尿ホルモン(本来夜間尿量を減らす)の分泌不足も関与します。減塩をしたり、利尿薬で日中に十分ナトリウムを排泄させたりすると夜間多尿が改善する方もおられます。

  • 4.頻尿

尿の回数が増えることで、1日8〜10回以上、夜間2回以上トイレに起きる状態をいいます。頻尿には、尿量の増加(1日2L以上)によるもの(多尿)と、尿量が増えずに、回数が増える(狭い意味での頻尿)があります。両者は、1回の排尿の際の尿量で判断ができます。多尿の原因には、糖尿病、尿崩症などがあります。狭い意味での頻尿の原因として、もっとも多いのは、高齢男性に見られる前立腺肥大です。他にも、膀胱炎などによる膀胱粘膜への刺激、過活動膀胱などもあります。治療は、原因となる病気を診断し、その病気の治療をすることになります。

  • 5.だるさ

だるさは末期の腎不全でよく認められる症状の一つです。腎不全により尿毒症物質が蓄積したことにより起こる尿毒症症状の一つとしてだるさが認められることがあります。そのほか、腎不全による貧血が進行したとき、また体液が過剰になったことにより心不全が悪化したとき、電解質異常など、さまざまな要因によりだるさが生じます。腎機能が高度に低下し、だるさが出現する場合には、末期腎不全の症状である場合が多く、透析などの腎代替療法を検討する時期であることが多いです。

  • 6.貧血

腎臓は様々なホルモンを分泌していますが、そのひとつに赤血球を作る働きを促進するエリスロポエチンというホルモンがあります。腎臓の機能が低下すると腎臓からのエリスロポエチンの分泌が減少し、赤血球の産生能力が低下します。このようにしておこる貧血を「腎性貧血」と言います。
腎性貧血になると、一般の貧血と同様に動悸や息切れ、めまいや立ちくらみ,全身倦怠感などの症状が現れますが、貧血は徐々に進行するため症状に気がつかないこともあります。貧血の有無については、定期検査で行われる血液検査のヘモグロビン(Hb)濃度で知ることができます。慢性腎臓病患者で、特にHb濃度が11.0 g/dL 未満の方は腎性貧血の可能性がありますので、鉄剤や赤血球造血刺激因子製剤(ESA)による適切な治療を受けることが大切です。

  • 7.かゆみ

あなたがかゆみを感じる時、もし皮膚に発疹があったら皮膚科にかかり、皮膚に発疹がないなら内科に相談してください。皮膚疾患でかゆくなることは多いですが、腎臓や肝臓の病気の時もかゆくなります。
腎臓は体の中や血液の老廃物を尿へ捨てる臓器ですので、腎臓が悪くなると老廃物が血中や皮膚にたまってしまいます。それら老廃物は皮膚の中にあるかゆみ受容体のミュー・ペプチド受容体を刺激し、その電気信号が脳へ伝わってかゆみを感じます。この現象は腎機能が高度の低下した透析患者で多く見られ、半数は強いかゆみを感じます。
腎臓が悪くなると皮膚が乾燥しますが、これもかゆみの原因となります。腎臓の働きが悪くてかゆい方は、まめにお風呂に入ったり、皮膚に湿気を与えるぬり薬を塗ったりすることがかゆみ対策になります。皮膚の防御作用をこわさないために、お風呂で皮膚をこすりすぎないことも大切です。

>>4.急性腎障害と慢性腎臓病
▲腎臓の病気について調べる TOPへ戻る

▲ページ上部へ