ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> 腎臓病総合レジストリーへの参加のお願い

腎臓病総合レジストリーへの参加のお願い

西部・東部部会の評議員連絡会でご紹介しておりました腎臓病総合レジストリーJapan Kidney Disease Registry J-KDRJ-RBR腎生検レジストリーを含む)に関する岡山大学倫理委員会の承認がおりました。
  倫理委員会への申請書類および承認通知書を添付しておりますので、まず各施設で倫理審査を受けて頂き、J-KDR(J-RBR含む)へのご参加を是非お願いしたいと思います。
 本システムは一次研究、二次研究の2階建てになっておりますが、学会主導の臨床研究、疫学研究推進のためには是非二次研究までご協力下さい。

※アクセスにはユーザー名・パスワードが必要です。

・ユーザー名  6桁の会員番号(会員番号検索はこちらから)
・パスワード  西暦の生年月日
       
【例】会員番号が1234で生年月日が1956年4月6日の場合
    ユーザー名:001234
    パスワード:19560406

一次研究(J-KDR/J-RBR)手順

1.各施設で倫理委員会申請(ファイルA~F)

2.UMIN-INDICE用のパスワード発行の申請 (ファイルG)

(添付エクセルファイルに記入後、腎臓学会事務局 office@jsn.or.jp

J-KDRパスワード申請」)

3.UMIN一般用、INDICE用のパスワードを郵送で受取

4.添付ファイルの手順に従い症例登録フォームに登録(ファイルH)

【ダウンロードファイル】

A.倫理審査申請書 J-RBR・J-KDR

B.説明書・同意書・同意撤回書

C.別紙1登録項目

D.別紙2施設リスト

E. 研究計画書(J-RBR・J-KDR)

F.審査結果通知書

G.J-KDR・J-RBR USERパスワード発行申請用フォーム

H.レジストリー症例登録の手順 (12月11日 資料一部修正済)

■二次研究(難治性ネフローゼ症候群(ファイルI~R)、急速進行性腎炎症候群など、
      日本透析導入患者コホート研究(ファイルS~W))

1.各施設で倫理委員会申請(一次研究と同時あるいは一次研究申請後)

2.臨床研究用ワークシートのダウンロード(腎臓学会会員向けHPより)

3.J-KDR/J-RBRの症例登録フォームに各ワークシートをアップロード

UMIN-INDICE用のパスワードは一次研究と共通のものを使用)

【ダウンロードファイル】

I.Japan Nephrotic Syndrome Cohort Study (JNSCS)第7版

J.アセント説明(小学校高学年~中学生)

K.アセント説明(小学校低学年)修正版

L.ネフローゼ症候群患者説明書改訂 (12月11日 一部修正済)

M.ネフローゼ症候群調査表

N.審査申請書

O.同意撤回書

P.同意書

Q.臨床研究に係る利益相反自己申告書

R.臨床研究許可証 (12月18日 資料追加)

「日本透析導入患者コホート研究(平成21年3月2日資料追加)

S.透析導入患者観察研究プロトコール

T.新規導入患者の登録票

U.患者用説明文書

V.臨床研究同意説明書

W.倫理審査結果通知書

平成2111日より症例登録フォームの稼働を予定しております。
なお、患者同意については文書での同意を原則としてお願いしたいと思います。
(この点につきましては各施設の倫理委員会ともご相談下さい。)

腎臓学会の重点事業の核となるプロジェクトであり、5年、10年と継続することにより将来の腎臓病診療の基盤となるわが国発のエビデンスを構築していきたいと思います。
2007年より開始した腎生検登録(J-RBR)は継続し、さらに臨床研究、疫学研究の基盤としてJ-KDRJ-RBR含む)を発展させるため、評議員の皆様方のご協力につきまして、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

日本腎臓学会理事長 槇野博史
腎臓病総合レジストリ-委員長 横山 仁
腎病理診断標準化委員長   田口 尚

J-KDR/J-RBRに関するQ&A

   No.1 パスワード関係・反復腎生検(J-RBR)・入院外来例の取扱(J-KDR)
  


▲ページ上部へ