ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> 『腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2018』(案)についてのパブリックコメント募集のお知らせ

『腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2018』(案)についてのパブリックコメント募集のお知らせ

日本腎臓学会,日本医学放射線学会,日本循環器学会 会員各位

日本腎臓学会,日本医学放射線学会,日本循環器学会合同による腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン改訂委員会では、医療情報サービスMindsのご教示を得て「腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2018」の作成作業を行い、各学会からの先生方のご協力により推敲を重ねて参りました。

ここに更に各学会員の皆様からの意見を頂戴し、反映させるためにパブリックコメントを募集することと致しました。よりよいガイドライン作成のためにご意見をお寄せいただきますようお願い申し上げます。

▼資料はこちら
『腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2018』(案)

ダイジェスト 造影剤腎症の診断【pdf:492KB】
第1章 腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドラインの概要【pdf:629KB】
第2章 造影剤腎症の診断【pdf:657KB】
第3章 リスク・患者評価【pdf:909KB】
第4章 造影剤の種類【pdf:785KB】
第5章 侵襲的診断法(心臓カテーテル検査など)【pdf:877KB】
第6章 非侵襲的診断法(造影CTなど)【pdf:790KB】
第7章 造影剤腎症の予防法:輸液【pdf:795KB】
第8章 造影剤腎症の予防法:薬物療法【pdf:608KB】
第9章 造影剤腎症の予防法:血液浄化療法【pdf:501KB】
第10章 造影剤腎症発症後の治療法【pdf:655KB】

▼ご意見の集約

(1)所属、氏名を記入してください。
(2)御意見に対する個々の回答は致しかねます。
(3)御意見を内容改変に反映するか否かは、ガイドライン作成委員会の討議で判断します。
(4)パブリックコメントの内容は公表させて頂く場合があります。
(5)本ガイドラインは作成過程のものであり、「公表された著作物」には該当しません。いかなる形式、手段によっても転載、引用を許可致しません。
・提出先:acdm-cinpub@umin.ac.jp
・締め切り:5月18日(金)

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン改訂委員会
委員長 猪阪善隆


▲ページ上部へ