ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

HOME >> お知らせ >> ニュース&トピックス >> 糖尿病医療の情報化に関する合同委員会による「生活習慣病ミニマム項目セット」の改訂について

糖尿病医療の情報化に関する合同委員会による「生活習慣病ミニマム項目セット」の改訂について

糖尿病医療の情報化に関する合同委員会の臨床学会への「拡大会議」は2011年度から継続して開催され、日本腎臓学会を含む6臨床学会が協力しております。(JSN代表委員:山縣邦弘(~2018)、岡田浩一(2018~))本拡大会議では、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、慢性腎臓病(CKD)の4疾患について、どのような目的のデータ収集にも含むべき「生活習慣病コア項目セット集」と、この生活習慣病コア項目セットを含み、軽症の生活習慣病患者が自己管理をするために有用な項目セット「生活習慣病自己管理項目セット集」を2014年に策定・公開しました。今回、新たに6臨床学会理事会で承認された改訂版が日本医療情報学会のHPで公開されました。(http://jami.jp/medicalFields/2018Oct23.php) 日常臨床や臨床研究における検査項目のリファレンスとしてご参照ください。

日本腎臓学会学術委員長 岡田浩一
日本腎臓学会理事長 柏原直樹


▲ページ上部へ